木村金蔵税理士事務所−東京都台東区上野にある、相続・贈与・譲渡、弥生会計の税理士・会計事務所
 >>  Home  >> 法人決算・申告業務サポート >> 法人決算・申告 Q & A 〜 決算から申告までの会社の経理の重要性  

 

法人決算・申告 Q & A 〜 決算から申告までの会社の経理の重要性

a−14. 「棚卸資産」の評価方法



期末に実地棚卸をしていますが、「棚卸数量の把握」と「棚卸単価の決定」について、教えて下さい。

@「期末棚卸の評価額」の計算方法

  • イ.「期末棚卸の評価額」は、会社の裁量で自由に決定する事はできません。利益操作に繋がるからです。
  • ロ.「期末棚卸の評価額」は、「(a)棚卸数量」に「(b)単価」を掛けて決まります。期末棚卸の評価は、決算手続きの中で最も重要な項目と言えます。

A「(a)棚卸数量」の把握

  • イ.「(a)棚卸数量」は、「実地棚卸」から判明します。期末には必ず「実地棚卸」を行って下さい。
  • ロ.在庫の資料から求まる在庫数は、あくまでも数字上の帳簿在庫です。「実地棚卸」をすることによって、正しい在庫数が分かります。
  • ハ.「実地棚卸数」と帳簿棚卸数には、差がある事がほとんどです。きちんと、原因を探り、帳簿棚卸数を「実地棚卸数」に合わせます。
  • ニ.「実地棚卸」が年1回だけですと、毎月の期中の利益が正しくなりません。毎月「実地棚卸」ができれば、本当はいいですが。
  • ホ.毎月「実地棚卸」を行うと、「余剰在庫は無いか」あるいは「適正な在庫数を下回っていないか」など、在庫の状況と過不足が、毎月、正確に分かるようになります。

B「(b)単価」の決定

  • イ.「(b)棚卸資産の単価の決定」には、「(1)原価法」と「(2)低価法」があります。
  • ロ.「(1)原価法」はさらに、「個別法」「先入先出法」「総平均法」「移動平均法」「最終仕入原価法」「売価還元法」に分けられます。
  • ハ.税務署長に「棚卸資産の評価方法の届出書」を提出していない場合には、「(1)原価法」のうちの「最終仕入原価法」を採用する事になります。
  • ニ.最終仕入原価法「以外」の評価方法を選択したい場合には、前もって、税務署長へ届け出が必要です。
  • ホ.販売管理ソフトで在庫管理をした時に、「最終仕入原価法」か「総平均法」か「個別法」かの、いずれかのみ設定できるソフトが多いので、注意してください。
  • ヘ.まずは、「販売管理ソフトで実際に設定可能な評価方法」を、把握します。
  • ト.次に、「会社で採用したい評価方法」を、適切に決めます。
  • チ.決まった評価方法が、最終仕入原価法「以外」の場合には、前もって税務署長に届け出が必要です。



お問い合わせ


 

木村金藏税理士事務所
代表 税理士 木村 金藏

昭和46年に上野で税理士事務所を開業し、税理士として時には経営者として、さまざまなことを学んできました。

実践で培った600超の事例から、財産を守る相続対策を提唱しています。「相続税対策」「土地有効活用・賃貸住宅経営」セミナーの講演を、全国で年50回以上実施しています。

何とぞ宜しくお願い申し上げます。

<所在地>
〒110-0015
東京都台東区東上野1-13-7 第二横井ビル3階
TEL 03-3831-7252
FAX 03-3831-6213
E-Mail info@kinzou.com

<WEBサイト>
・ オフィシャルサイト
   http://www.kinzou.com

・ 相続相談センター
   http://www.souzoku-center.com

・ 弥生会計支援センター
   http://www.yayoi-center.com

お問い合わせ−台東区上野、葛飾区で相続・贈与・譲渡、弥生会計のご相談は、木村金蔵税理士事務所

相続、贈与、譲渡、弥生会計、会社経営、税務申告、不動産会計について、お気軽にご相談下さい。

お問い合わせ

 
 

Copyright Kimura Kinzou Tax Accountant Office. All Rights Reserved.
木村金蔵税理士事務所−東京都台東区上野にある、相続・贈与・譲渡、弥生会計の税理士・会計事務所